あっ!とそのとき。

通勤LOUIS GARNEAU、輪行ポタCARACLE、ロングライドAzzurri Forzaに乗るしがないゲームアニメスノボ好きおじさんのブログ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Twitter
キングラー博士:mario_neet
記事へのつっこみ
トラックバック
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -

ダンボール戦機クリア、その後。

 
目標は3割30本30盗塁です!!


----


ツイッターのつぶやきばっかりでつまんねぇよ!!ってアナタ!!
正解っ!!
でもね、忙しくて時間無いし、
暑くてPC点けたく無いから諦めて下さい。
所詮自己満足ブログです。


----


ダンボール戦機

ログを見直すと、7月24日にクリアはしているみたいだから、
なんと2週間も前にクリアしてたんだな・・・。

忙しくてあんまりプレイ出来ないから、
頭の中では最近クリアしたばかりだと思ってた・・・。

クリアタイムは大体44時間くらい。
基本的に寄り道しまくって時間が掛かる自分からしたら、
まあまあ丁度良いプレイ時間と言えるかな?
ゼノブレイドは100時間掛かったけど。

ストーリーは今アニメで放送されてるものとほぼ同じ。
どっちかを先に観たらどっちかはネタバレとなるので注意。

割と展開は早くて、やってること自体はハリウッド映画並のことをしている。
最終的には国だとか世界がどうだとかそんな感じ。
いくら何でもそれは・・・とツッコミを入れたくなる部分が多数有るが、
そこは基本的にアニメなので仕方ない。
山野博士にツッコミを入れたら負け。奴はチート。

戦闘システムはカスタムロボと結構似てるロボットアクションだが、
こちらの方がやれることが多く、カスタム出来る箇所も多い。
但しゲーム進行はRPGなのでパーツやキャラにレベルのパラメータが有る。
苦戦したらレベル上げを・・・って言いたいところだけど、
そこまで劇的に変化しないので、相性や戦い方で乗り越える感じ。
(余談だけどロボットの大きさや、キューブで戦う所は
 まんまカスタムロボのパクリなんじゃないかなと思ってる)

思ったよりも攻撃後やジャンプ後の硬直が大きいので、
「3倍のスピードで近づいてくる!!?」
みたいな奴でも落ち着いて対処すれば大体対応出来る。
それは同時に自分で使ってみてもあまり無双は出来ないという事を意味する。
(プレイした事無いけど、モンハンプレイ者からしたら簡単かも?)

個人的にはストーリーはガチガチの防御重視で進めた方が楽だと思った。
クリア後はダメージを受けてはいけないような戦闘が有るので
こちらはスピードが重要になると思う。てかあいつらチート。

やり込み要素としては、

アイテム図鑑的なもの、
カード図鑑的なもの、
ランキングバトル、
クエスト要素

などが有るので、
全部やり尽くそうと思うとかなりの時間が必要となる。

現在のデータとしては、

プレイ時間67時間
バトル回数676回
600勝76敗(一割以上負けてるのはご愛敬!)
パーツ収集率82%
カード収集率36%
主人公レベル99
ダウンロード以外のクエスト達成率100%

という感じ。

全体的なプレイ感によるユーザビリティとしては、
データインストールによるプレイを前提として、

・セーブは速い
・マップ移動で小ロード
・カスタマイズ画面移行で小ロード
・バトルスタートまでに二回小ロード(カスタマイズ画面行くとまたロード)
・クエスト確認画面で小ロード

と、一回一回のロードは大した時間じゃないとしても、
やはりロードの回数が多い。
しょうがないと言っちゃ仕方ないんだけど、
普段DSやWiiなどに慣れしたんでる任天堂の回し者としては
ちょっと煩わしいとも言える感じ。
ちなみにGT5のロードでは苦笑じゃなくて笑いました。
後3DSの起動までのロードはマジでどうにかしてください。

ダウンロードクエストがしばらく続くみたいなので、
クリア後にやり込んでもちょこちょこやることになりそう。
そもそもクリア後要素で結構手こずるけど。

アニメがやってるからなのか、
ゲーム内のイベント、戦闘後などにボイスが入る。
アミちゃんの声でバルキュリアのアリシアを思い出す。
ま、強気な女の子って事ですね。
(カズは「嘘だと言ってよバーn(ry

通信要素としては、
同じソフトを持っている友達と無線対戦出来る他、
PS3を介してアドホックパーティで他人と対戦することが出来る。

対戦することによってアンロックされるパーツが有るとか無いとかだけど、
まだやったことないので分からない。
年代的に近くでプレイしている人一人も居ないし・・・
(同い年の後輩に勧めたけど無視された)

と言うことで、
クリア後のやり込みや細かい点で気になる所は有ったけど、
中々の良作でした。
手応えを得たい人も、クリア後をプレイすれば大体満足出来るでしょう。
(ストーリーでも人によってはつまずくかも)

ダンボール戦機、そんな感じでした。
みなさんどうでしょう?





ちなみに、タイトルの元となっている「ダンボール」ですが、
このゲームを語る上で10%の重要性も持ちません。

重要度で言うと3%くらいですかね・・・。
はっきり言って今の消費税より気にならないです・・・。

どういう事だ!!?っていう人は、アニメを観るかゲームをプレイしましょう☆


----


写真のプラモは購入特典に付いてくるAX-00っていうLBX(ロボット)です。
何を思い立ったか昨日突然組み立てたくなったので組み立てました。
いやー、良く出来てますねプラモって。
接着剤も塗料もハサミも何にもいらずここまで出来るのってすばらしいとしか言えない。

・1年前の同じ日の記事を読む:昨年の記事

スポンサーサイト

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kingler.jugem.jp/trackback/1743
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"