あっ!とそのとき。

通勤LOUIS GARNEAU、輪行ポタCARACLE、ロングライドAzzurri Forzaに乗るしがないゲームアニメスノボ好きおじさんのブログ。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Twitter
キングラー博士:mario_neet
記事へのつっこみ
トラックバック
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -

三浦半島サイクルスタンプラリーをやってみた

JUGEMテーマ:自転車

三浦半島サイクルスタンプラリー
三浦半島サイクルスタンプラリー(http://webcp.jp/miuracycling/


友人とのふとした会話にて、教えてもらった、三浦半島サイクルスタンプラリー。
スマホで参加登録して、GPSの記録で各マイルストーンの有る場所でスタンプをゲットするというもの。
スタンプは8つ有って、全部集めるとロードバイクの懸賞に応募出来たりする。
またサイトにはクーポン情報が載っており、アイスが割引になったり食事が割引になったりするサービスが有る。
これはやってみるしか無いな!と言うことで職場の同僚二人を誘ってチャレンジ。

ということで、2016年5月28(土)にやってみた。

三浦半島サイクリングマップ
緑のマークが付いている部分がスタンプをゲットする場所(公式サイトのマップより)



黒船
たたら浜のマイルストーン「黒船」


まずは観音崎のたたら浜のマイルストーンをゲット。
観音崎自然博物館を道路から見て、正面右側のスペースを海側にちょっと入ったところに有る。
一箇所目なので恐る恐る周りを見ながらゆっくりと確認して探した。
それっぽいのが見えてホッとしたら、正面にはチェーンが張ってあって入れなくてちょっとビビる。
実際にはもっと右側から入る小道が有ったのだけど、逆側から来たので気が付かなかった。
いきなりの洗礼に「これ探すのに結構時間掛かるんじゃ・・・」という予感を覚えつつ、
周りの景色と海の綺麗さに心を癒される。


たたら浜
海が綺麗だなぁ・・・

ちょっと休み過ぎたなぁと思いつつ、次のマイルストーンへ。



水仙
北下浦海岸通り「水仙」


久里浜側から走ってきて、野比駅に切れ込もうとする交差点のちょっと手前、海側のところに有った。
ここでもやはり小休憩。このスタンプラリーの良い所は、
意図せず小休憩を取れるという所だ。
一人で走っていると休憩を取るべき所で取れなかったりする。
のんびり走る分にはこのくらい休憩したほうが良いのだろう。
ここには先客が居て、板橋から自走で来たという人が居た。
何日かに分けていて、これで最後なのでこれから板橋まで自走で帰りますと言っていた。
結構遠方からお疲れ様です。こっちは三人共横須賀住みでなんだか申し訳なくなった。

私水仙ここにいます
私 水仙 ここにいます

なんかちょっと怖くて思わず写真を撮ってしまった。
このセンスが怖い・・・。



KANEDAメニュー
レストランKANEDA

おまかせ定食B
おまかせ定食B


休憩しまくったせいで、まさかのスタンプ2つゲット時点でお昼ごはん。
前から入ってみたかったレストランKANEDAへ。
11時からだとばかり思っていたら、まさかの11時30分開店で、
20分以上待ってしまった・・・。
開店と同時に入ったのは自分たち含めて4組ほど。中々の繁盛ぶりが予想される。
とりあえず初めてのお店ではオススメが有ればそれを食べることにしているので
おまかせ定食B(1500円)を注文。
写真を見てもらって分かる通り、お値段相応に海鮮尽くしで、満足の一品だった。
次来る時は別のメニューも注文してみよう・・・。
ちなみにレストランが2階で、1階は市場で有る。



マグロと大根
宮川公園「マグロと大根」


お次は宮川公園。
今回のモニュメントの中でも異彩を放つ感じの、ちょっと不気味だけど笑ってしまうような感じ。
ここは非常に見つけやすくて、ここらへんを走ったこと有るならすぐ分かる、
風車の手前のスペースに低いサイクルステーションと共に佇んでいる。
ここでは横浜から来たというおじさんが「一つ見逃しちゃったなぁー」と少し残念がっていた。
一度通った道はあまり戻りたくないというのが自転車乗りのサガ。
気持ちが分かるなぁと思いながら水分補給。
休憩している間にも男女のペアが2組ほど写真を撮って去っていった。
結構仲間が多くてほっこりする。いつもはヒトリストだけど、人とのふれあいもやはり良いものだなぁと思う。



タカアシガニ
荒崎公園「タカアシガニ」


お次は荒崎公園。
ソレイユの丘を軽くヒルクライムしてまっすぐ行くのがおそらく近道。付きあたりを左側に進む。
全く来たことの無い場所だったので恐る恐る来てみると、横須賀にもこんな岩礁が有ったんだぁという景色が広がっていた。
そしてBBQに勤しむ人たちで賑わっていた。
奥に有るものだとばかり思って奥に行ったら全然無くて諦めそうになった。
近くに行けばGPSを起動させてスタンプだけはゲット出来るけど、やはり記念写真は必要だ。
気を取り直して探したら有った。夕日の丘入り口から海側に行った所の途中だった。
自転車と一緒に撮るにはオススメしない位置。小さい階段が3箇所くらい有ってその奥。
パッと見わからんがな。先客たちも同じ事言っていた。あとタカアシガニきもい。笑。



ツツジ
湘南国際村「ツツジ」


ヒルクライムの練習として、ある意味有名かもしれないプチクライムの名所、湘南国際村。
身体の調子が良かったのでガンガン登った。同僚二人はそれぞれ5分ずつ遅れて登ってきた。
いつもは山側から登っているので、海側から登るのが新鮮で面白かった。
ところでこのモニュメント「ツツジ」。場所が非常にわかりにくい。
まず頂上じゃない。葉山と横須賀の境の看板がある所よりちょっと手前、
湘南国際村センターの奥、階段をいくつも登った先の、表からはまず見えない場所に有る。
今回のスタンプラリー、自転車に優しくないモニュメントNo.1の称号を与えたい。
これを設定した人は自転車に乗らない人なのでは無いだろうか?
しかし景色はすばらしかった。
しいて言うならば、モニュメントの有る場所への案内を分かる所に表示しておかなければいかんでしょ
ということと、階段の上に有るよってことを明示しておいて欲しかった。
ここで同僚二人は力尽きて離脱した。



ヨット
長者ヶ崎「ヨット」


ここは湘南国際村入口からすぐの場所で、
自分がいつもひと休憩している場所なのですぐに分かった。
奥に行くときは、自転車から降りて押してくださいと係員の人に注意される。
江ノ島をバックに、清々しい景色を眺める事が出来る。
目の前すぐ下で、ファミリーがほのぼのする会話をしていてほっこりしながらまったりと休憩していた。
休日って良いですなぁ。



海
小坪飯島公園「海」


お次は小坪飯島公園。
逗子マリーナの近くと言ったほうがわかりやすいのではないだろうか。
普通に大通りの道路を通っていると辿り着かないところに有り、実は自転車で行きにくい。
その上小屋の横にひっそりと有って、この場所を知らない人にはかなり難しい場所なのでは?と思われる。
逗子マリーナの海側、鎌倉寄りを探していけば有る。
手前には駐車場が有ったり、他には何も無かったりでゆっくりする場所でも無いのでさくっと次へ。



家族とビーチ
鎌倉海浜公園「家族とビーチ」



最後は鎌倉海浜公園。
由比ヶ浜地下駐車場入り口が見えたらそこから海側に行けば有る。
ココらへんはこの時期すでに海で遊んでいる人が沢山居る。
楽しげにしている人たちを見ながらも、遂に8個目のスタンプをゲットしてご満悦。
こっちは一人になっちゃったけど楽しいんだぜ。にやけないように注意してたけど。

目的は達成して、まだ身体が動くようだったので
少しペースを上げて帰路へ。

帰りは衣笠の佐野温泉のぼり雲で温泉に入り、そのまま食事をして帰宅。
走行距離は110kmほど。久しぶりの100km超えで結構疲れたけれど、心地良い疲労感で
満足な一日だった。



スタンプ
念願のスタンプをゲットしたぞ!!


ちなみに、せっかく8個のスタンプをゲットしたので、
MERIDAのREACTO400に応募しておきました。
1名様とか絶対当たらないけど、当たる権利だけは得ておいた。記念だしね。

今回のスタンプラリーは「春編」。
「秋編」はどんな風になるんだろうなぁ。
それはまた楽しみにしておこう。

地元民頑張ります。笑。

・1年前の同じ日の記事を読む:

スポンサーサイト

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kingler.jugem.jp/trackback/1765
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"