あっ!とそのとき。

通勤LOUIS GARNEAU、輪行ポタCARACLE、ロングライドAzzurri Forzaに乗るしがないゲームアニメスノボ好きおじさんのブログ。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Twitter
キングラー博士:mario_neet
記事へのつっこみ
トラックバック
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -

雨でも自転車に乗らなければいけない人へ向けた記事5 [サドル編]

JUGEMテーマ:自転車

 

 

※注意

この記事は、ブルベなどで雨の中でも走る人向けのものでは有りません。

片道7km程度、時間にして30分程度の自転車通勤をしているおじさんの備忘録です。

 

他の記事はこちら

・雨でも自転車に乗らなければいけない人へ向けた記事1 [レインウェア編]

・雨でも自転車に乗らなければいけない人へ向けた記事2 [ブーツ編]

・雨でも自転車に乗らなければいけない人へ向けた記事3 [春夏用グローブ編]

・雨でも自転車に乗らなければいけない人へ向けた記事4 [秋冬用グローブ編]

 

5、雨の日用サドル

 

雨の日に意外と見落としがちな所として、サドルが有ります。

レインウェアを着ていても、すぐに染みるようになってきてしまう部分、それはお尻です。

レインウェアには耐水性が有り、それぞれのウェアレベルにより浸水を防ぎますが、

それは基本的には「降ってくる雨に対しての耐水性」です。

 

自転車に乗る場合、レインウェアで1番圧力が掛かるのはサドルにドッカリと乗っかるお尻部分です。

当たり前の話しですね。この時、サドルが水分を含んでしまうものだと要注意です。

水が入ろうとする圧力が、普通に雨を浴びるよりも強くかかるので、簡単に浸水してきてしまいます。

 

なので、雨の日に推奨するサドルは「水が染み込まない」ものとなります。

私が使用しているサドルはこれ、

 

(選べるカラー) ロードバイク 軽量 メッシュ サドル/ 自転車 (並行輸入品)

 

樹脂製の座面のため、全く水が染み込みません。

また、ネット状の座面になってるため、雨に濡れた状態で座っても、網目から水が出て逃げていき浸水しません。

ちなみに水が染み込まないともう1つの利点が有り、とても乾きやすいです。

次の日に乗るときは濡れていないため湿ったサドルに乗らなくて済みます。

意外とこのことによるストレスが無いのは嬉しい。

昔はサドルにビニール袋を被せていた時期も有りましたが今は有りえません。

 

普通のクッション入りのサドルとは違うため、乗る人を選ぶと思いますが、

試してみる価値は有ると思います。なによりも安いし。

某メーカーの有名サドルにソックリですが、安いので失敗してもダメージは小さいです。

 

但し値段なりの部分も有りますので、

・シールが剥がれても気にしない

・バリが出ていたらヤスリで取ってあげる

・ひび割れたら新しいのを購入する

と良いでしょう。(私は2年以上使ってもひび割れていませんが)

 

少し変わった見た目で気分転換にもどうでしょう。

 

 

---
ノーブランド品
¥ 398
()
コメント:雨が染み込まない、少し変わった見た目のサドルはどうでしょう?

・1年前の同じ日の記事を読む:

スポンサーサイト

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kingler.jugem.jp/trackback/1779
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"