あっ!とそのとき。

通勤LOUIS GARNEAU、輪行ポタCARACLE、ロングライドAzzurri Forzaに乗るしがないゲームアニメスノボ好きおじさんのブログ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Twitter
キングラー博士:mario_neet
記事へのつっこみ
トラックバック
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -

ポケダン回想録21

ポケモン不思議のダンジョンの物語の回想録です。
ネタばれが含まれますのでご了解ください。

※主=主人公
※パ=パートナー


・生きた伝説!?キュウコンあらわる!


主(ゆきやまの みちが
ひたすら つづいている・・・・・・。)

主(ここまで かなり あるいたな・・・・・・。

主(フシギダネも だいぶ
つかれているみたいだ・・・・・・。)

主(いままで ひっしに なって
たびを つづけてきたけど・・・・・・)

主(このさき なにが あるんだろう・・・・・・。)

主(ほんとうに これで よかったのかな・・・・・・。)

パ「ブルル さむすぎる!
あたりは もう ゆきだらけだね。

パ「さっきから ずっと
おなじ けしきだし・・・・・・

パ「これ ホントに さきに
すすんでるのかなあ・・・・・・。

パ「・・・・・・ねえ ヒトカゲ?
おもうんだけどさ・・・・・・

パ「とうとう だれも いない
ばしょに きたって かんじだし・・・

パ「この さき あるいても
なにも ないって きもするし・・・

パ「もう かなり ヘトヘトだし・・・

パ「ボクたち・・・・・・
どうなっちゃうんだろうね・・・・・・。

   「「だいじょうぶ。なんとかなるさ!」
  →「わからない・・・・・・」

パ「・・・・・・・・・・・・ゴメン。ボク
ふあんに させるようなこと いっちゃった・・・・・・。

パ「ここまで きて
どうなるも なにも ないよね。

パ「たとえ さきが わからなくても・・・・・・
あるけば みちは ひらけるよ!

パ「だいじょうぶ
きっと このさきに なにかが ある。

パ「ヒトカゲを しんじて
ここまで やってきたんだ。

パ「ボク これからも
ヒトカゲを しんじるし・・・

パ「どこまでも ついていくよ。

主(そうだ・・・・・・。)

主(フシギダネは まよわず しんらい
してくれている。)

主(なのに じぶんが まよっちゃ
ダメじゃないか。)

主(もっと じぶんを しんじるんだ。)


- ふいに かすかに 感じる気配 -


主(・・・・・・な なんだ? いまのは?)

主(・・・・・・め めまい? かな?)

パ「ん? どうしたの?
ヒトカゲ?

*「・・・・・・ついに。

*「・・・・・・ついに ここまで・・・・・・

主(だれかが・・・・・・だれかが
かたり かけてくる・・・・・・。)

主(フシギダネ?・・・・・・いや ちがう。
この こえは フシギダネじゃない・・・・・・。)

主(この こえ・・・・・・
どこかで ききおぼえが・・・・・・)

*「ついに・・・・・・

*「ついに ここまで きたのですね・・・・・・。

*「おまちして おりました。

主「サ・・・サーナイト!!

サーナイト「よかった!
やっと おあいできましたね。

主「・・・・・・キミは・・・・・・いったい・・・・・・

パ「ねえ ヒトカゲ。 どうしたの?

パ「さっきから ひとりごと いって・・・・・・。

サーナイト「ほかの かたがたに
わたしの すがたは みえません。

サーナイト「わたしの すがたは
あなただけに みえるのです。

サーナイト「ここから もう すこし
すすんだ ところに・・・・・・

サーナイト「ひょうせつの れいほうという
さんみゃくが あります。

サーナイト「その ちょうじょうの おくに・・・・・・
キュウコンが います。

主「・・・・・・キュウコン!!

サーナイト「キュウコンは あなたがたが
くるのを まっています。

サーナイト「きをつけて・・・・・・。

主「あ! ちょ ちょっと!・・・・・・

主「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

パ「ねえ ヒトカゲ!
ヒトカゲってば!

パ「どうしたの?
いったい なにが あったの?・・・・・・


- さっきのできごとを説明する -


パ「そっかぁ。
そんなことが あったんだ・・・・・・。

パ「サーナイトが あらわれて・・・

パ「それで さっきと ボケっと
してたんだね。

パ「しかし キュウコンって でんせつ
じゃなく ホントに いたんだあ・・・・・・。

パ「それで あそこの ちょうじょうに
キュウコンが いるんだね・・・・・・。

パ「うううっっ!・・・・・・ヒトカゲ!!

パ「ここまで がんばってきた
かいが あったよね!・・・・・・

パ「キュウコンに あって
ホントのことを きこう!

パ「これで ヒトカゲの
うたがいも やっと はれる!
よかった よかった。

  →「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
   「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

パ「ねえ ヒトカゲ・・・・・・。

パ「・・・・・・そんな ふあんそうな
カオしないでよ。だいじょうぶだって。

パ「そりゃあ ヒトカゲは キュウコンに
あうの コワイと おもうよ。

パ「サーナイトを みすてた ひどい
にんげんは・・・・・・もしかしたら じぶんかも
しれない・・・・・・って

パ「つい そんな ふあんな
きもちにも なっちゃうよね。

パ「でも ありえないよ。
そんなことは ぜったい。

   「なぜ そこまで いいきれるの?」
  →「なぜ そこまで しんじられるの?」

パ「なぜ?・・・・・・って そりゃ ちょっと
まえは うたがったことも あったけど・・・・・・
いまは・・・・・・

パ「・・・・・・あれ? どうしてかな?
ホント どうしてだろう??

パ「でも とにかく
ヒトカゲは いいヒトだし・・・・・・

パ「まえに・・・・・・

パ「ボクが きゅうじょたいを
やりたいと おもってた ときに・・・

パ「ちいさな もりで ヒトカゲに
であった・・・・・・。

パ「おもいかえすと そのときから
なにか ピンと くるものが あったんだ。

パ「ほんと ふしぎだよね。
でも ボクは ヒトカゲを しんじるよ。

パ「とにかく あそこに
いけば しんじつが あきらかになる。

パ「ヒトカゲ! がんばろうね!

パ「あっ ヒトカゲ
じゅんび できた?

   「うん」
  →「まだ」

パ「ん? そっか。

パ「じゃ じゅんびが できるまで
まってるよ。

パ「あっ ヒトカゲ
じゅんび できた?

  →「うん」
   「まだ」

パ「どっちに いく?

  →「ひょうせつの れいほう」
   「ゆきの よこあな」

パ「うん! じゃあ いこう!

パ「ちょうじょう めざして
がんばろうね!


- ひょうせつのれいほうへ -


パ「やっと ついた。

パ「・・・・・・ここが ちょうじょう
・・・・・・だよね?

パ「キュウコンは どこに
いるんだろう?

*「いた! ヒトカゲたちを みつけたぞ!

*「おっ! あそこか!

パ「フ フーディン!!

バンギラス「やれやれ。
やっと おいついたぜ。

バンギラス「おかげで こんな とおい
とこまで くるハメになっちまった・・・・・・。

リザードン「まあ そういうな。
バンギラス。

リザードン「やっと ここで ケリを
つけられるんだ。

リザードン「オレは たたかいたくて
もう ウズウズしてたンだぜ。

リザードン「フシギダネ。 わるく おもうなよ。

リザードン「オレは ようしゃしないからな。

フーディン「ヒトカゲ・・・・・・。
できれば こう なりたくなかったが・・・・・・

フーディン「これも うんめいだ。

フーディン「へいわを もたらすことが ワシたち
きゅうじょたいの しめい なのだ。

フーディン「ワシたちは・・・・・・
オマエを ぜんりょくで たおす!!

フーディン「いくぞっ!!

*「まてっ!!


- 九つの尻尾を持つポケモンが登場 -


フーディン「ぐっ!!

フーディン「・・・・・・! キュウコン!!

リザードン「な なにっ!?
キュウコンだと!?

パ「あ あれが キュウコン・・・・・・。

バンギラス「でんせつは・・・・・・やはり
じつざい していたのか・・・・・・。

キュウコン「たたかいを やめるのだ。
フーディン。

キュウコン「この ものは・・・・・・
わたしの きゃくだ。

フーディン「おしえてくれ! キュウコン!

フーディン「でんせつに でてきた
にんげんが だれなのかを!

フーディン「いや そもそも でんせつに あった
できごとは ほんとうなのか どうかを!

フーディン「その こたえに よっては ワシは・・・・・・
そいつを たおさなくては ならん!!

キュウコン「・・・・・・タタリの はなしが
でんせつとして どう つたえられたか・・・

キュウコン「わたしの しる ところでは ない。

キュウコン「ただし・・・・・・あったことは
ほんとうだ。

キュウコン「むかし わたしは ある
にんげんに タタリを かけようとした。

キュウコン「しかし そのとき その にんげんの
パートナーである サーナイトが・・・

キュウコン「みずからの みを ぎせいに
タタリを うけたのだ。

キュウコン「にも かかわらず
にんげんは ひきょうなことに・・・

キュウコン「サーナイトを みすてて
にげだした。

キュウコン「やがて その にんげんは
ポケモンに てんせいした。

キュウコン「ポケモンに すがたを かえた
その にんげんは・・・・・・ いまも なお
いきている。

フーディン「・・・・・・して その にんげんとは?

フーディン「その にんげんとは
だれの ことなのだ?

キュウコン「ヒトカゲ・・・・・・。

キュウコン「あんしんしろ。
オマエでは ない。

パ「・・・・・・・・・・・・いま・・・・・・
・・・・・・いま なんて・・・・・・いったの?

キュウコン「ヒトカゲは でんせつに
でてくる にんげんではない・・・・・・と
いったのだ。

フーディン「・・・・・・な なんと・・・・・・。

パ「・・・・・・・・・・・・なんでかな・・・・・・。
ボク キンチョーしすぎたせいか
からだが うごかないよ・・・・・・。

パ「よ・・・・・・よいしょ。

パ「・・・・・・よいしょっと。

パ「しんこきゅう しなきゃ。
ス〜ハァ〜 ス〜ハァ〜 ス〜ハァ〜。

パ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふう・・・・・・。

パ「よかったあぁぁぁぁ〜〜〜〜っ!!

パ「よかった! やっぱり
ヒトカゲは ちがったんだよ!

パ「ボクの しんじてたとおりだ!
ヒトカゲが そんな やつなワケないもんね!!

キュウコン「それと もう ひとつ。

キュウコン「たしかに わたしは せかいの
バランスが くずれると よげんしたが・・・

キュウコン「にんげんが ポケモンに
なったことと せかいの バランスが
くずれたことは かんけいしてない。

キュウコン「しぜんさいがいが おきている
げんいん・・・・・・それは また べつの
ところに あるのだ。

パ「やい! おまえたち!
ちがったじゃないか!

パ「さんざん ヒトカゲを
うたがってさあ!

フーディン「・・・・・・い いや・・・・・・。
それは・・・・・・すまない・・・・・・。

バンギラス「・・・・・・ゴメンな。 ゲンガーのヤツに
のせられちまった。

リザードン「いや。オレは さいしょから
そうじゃないかと おもってたんだよ。

リザードン「ヒトカゲが そんな
ひどいヤツには みえないモンな!
ははははは・・・・・・。

パ「ホントかな・・・・・・まったく。

フーディン「それにしても・・・・・・

フーディン「くるしい たびを のりこえ
よく しんじつを みつけたものだ。

フーディン「おみごとだ。ヒトカゲ。

パ「ハハハ! よかった!
やっぱり ボクの しんじてた
とおりだったよ。

パ「・・・・・・あれ?
でも ちょっと まって。

パ「じゃあ ヒトカゲは なんで
ポケモンに なっちゃったのかな?

パ「ヒトカゲが でんせつに
でてきた にんげんと ちがうってのは
わかったんだけど・・・

パ「だったら ヒトカゲが
ポケモンに なった りゆうって
なんなんだろう?

パ「ヒトカゲは・・・・・・
いったい だれ なんだ!?

パ「わわっ じめんが ゆれてる!

リザードン「・・・・・・じ・・・じしんか!?

キュウコン「ちかくへんどう だ。

キュウコン「ますます しぜんさいがいが
すすんで いるのだ。

キュウコン「そして・・・・・・
この ちかくへんどうに よって・・・・・・

キュウコン「いままで ちちゅう ふかく
ねむっていた だいちの けしん・・・

キュウコン「グラードンが ふっかつする!

フーディン「なに!? グラードンだと!?

バンギラス「グラードンが!?

パ「なんなの?
そのグラードンって?

フーディン「しんわの せかいに かたり
つがれている でんせつのポケモンだ。

フーディン「だいちを もりあげて
たいりくを ひろげたポケモンであり・・・

フーディン「カイオーガと しとうの すえ
ねむりに ついたと されているが・・・・・・。

キュウコン「グラードンが あばれだしたら
たいへんなことになる。

キュウコン「はやく とめなければ!

フーディン「ワシたちが いこう。

パ「ボクたちも いくよ!

フーディン「いや。オマエたちは のこってくれ。

フーディン「グラードンは いままでの
ポケモンとは レベルが ちがう。

フーディン「ここは ワシたちに まかせろ。

リザードン「そういうこった。
オマエらは ひさしぶりに かえって
ゆっくりしてろよ。

バンギラス「しんぱいするな。
ゴールドランクは ダテじゃねえ。

バンギラス「はやいとこ かたづけて
すぐ もどってくるよ。

フーディン「よし。
グラードンを しずめにいくぞ!


こうして・・・・・・


フーディンたちは
ふっかつした グラードンを しずめに
ちていへ いきました


いっぽう うたがいが はれた
ヒトカゲたちは・・・・・・


ながかった たびを おえ


じぶんたちの いばしょへと
もどるのでした



ポケダン回想録22へ


・1年前の同じ日の記事を読む:昨年の記事

スポンサーサイト

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -
コメント
from: エネコ大好き   2006/01/17 8:28 PM
キュウコンありがとー!!違ったんだぞ!おまえたちぃっ!さんざん疑ってさあっ!←パートナーのセリフ
でも、ものすごく辛かったです。炎の山なんてこえた時に、パートナーは悪かもしれない自分を信じて・・・。 疲れてても、ついてくる・・・・・。
うおーーーーーーーん!!泣き虫になってしまう〜!
(;A;) 
from: エネコ大好き   2006/01/18 6:33 PM
はぁーい!またまたエネコ大好きでーす!キュウコンのおかげで、死なないですんだーっ!もっと遅かったら倒されてたかも?(・Д・;)くくっ!どんなに辛いか、みてる自分も分かるような・・・・・。
まあ疑いが晴れてよかった!!!!!!!
from: ぽりでん   2007/01/31 5:48 PM
すげーーー。よくこの旅をのりこえられて伝説にでてきたのじゃないといった。ヒトカげ、さいこーーー。
from: バクフーン   2007/11/26 8:21 PM
俺もマジ感動したー。
from: のん♪   2008/08/21 12:39 PM
私ここらへんのシーンでかんどうして
泣いてしまいました〜(>_<)
from: カモすけ   2009/08/20 10:07 PM
ダネダ「ゴロタロウはとにかくいいヒト・・・」っていうの、ヒトじゃないとおもう。にんげんなのはとうぜんなんだけどさ・・・。
from: カモすけ   2009/08/20 10:08 PM
ダネダ「ゴロタロウはとにかくいいヒト・・・」っていうの、ヒトじゃないとおもう。にんげんなのはとうぜんなんだけどさ・・・。
from: ニャッス   2009/08/21 5:29 PM
ダネダ「やい! おまえたち! きがったじゃないか!
from: ニャッス   2009/10/11 5:18 PM
ダネダ「・・・・・ねえ ゴロタロウ?  おもうんだけどさ・・・・・

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kingler.jugem.jp/trackback/215
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"