あっ!とそのとき。

通勤LOUIS GARNEAU、輪行ポタCARACLE、ロングライドAzzurri Forzaに乗るしがないゲームアニメスノボ好きおじさんのブログ。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Twitter
キングラー博士:mario_neet
記事へのつっこみ
トラックバック
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -

ニンテンドーDSのRPGについて

先日お話した、マリオ&ルイージRPG2
その前にプレイしていた聖剣伝説DS
さらに前にプレイしていたポケモン不思議のダンジョン

ハッキリ言ってニンテンドーDSでの大作RPGには少々期待外れといった感じである。

逆に、新規タイトルであるロストマジックは新しいアイデアが新鮮で良かった。


■マリオ&ルイージRPG2に関して

何かはハッキリ言えないが、
前作の方が面白かった。

合成要素や、ステータス上げ要素の充実が前作の方が優れていた。
というかそもそも2には無い。

2になって、ベビーマリオとルイージが追加されたおかげでアクションの幅が広がったのはいいのだが、
悪く言えばめんどくさくなった。
ブラザーアクションなどは何種類もあるのだから、忘れてしまって分からなくなった子供向けにメニューからいつでも練習できるようにしておくべきだ。配慮が足らない。

さらにはボス戦がとにかく長く、だるいことこの上ない。
ラスボス戦とか20分くらい戦ってたんじゃないかと思うほどだ。
FFなどのRPGなら別にそのくらい戦ってもなんとも思わないのだが、
アクションRPGなだけに、長期戦はだんだんと疲れてくる。

ハッキリ言ってクリアするまで終始、
”寝ずにでもやり続けたい!!”
という衝動には駆られなかった。

ポケモンとかのときには一日八時間でも平気にプレイしていた自分がクリアまでに何ヶ月掛かったのだろうか。クリアしてないけど。

ゲームとしてはよく出来ていて、安心できるのだが、どこかつまらない。
そんな感じだった。

ついでに言うと、前作ではルイージが悲惨なほどにいじられていて、
そこがコミカルで楽しかった部分だったのに、
今回はほとんどいじられることが無かったのがさびしかった。

ルイージはいじられキャラでこそ生きると思うのに。


■聖剣DSについて言えば、ただ一言、”幻滅した”

不満点を挙げてみるとこんなにある。(ZAPAnet聖剣伝説DS攻略Wikiからの引用になるが、そもそもこのページを書いたのは自分なので問題なし)

・ゲームを始めるときに、「はじめから」と「つづきから」の二択を選べるが、常に「はじめから」にフォーカスが合っているのが気に入らない。(間違えてはじめからプレイしてしまう可能性がある。

・ゲーム全般において、メニューの動作の遅さ、話をするときの遅さなど、もっさり感が否めない。聖剣3を思い出す。あきらかに手抜きとしか思えない。初期のPS作品じゃあるまいし。

精霊を使う必要性が無い。使わなくても全く問題無しにクリアできるのはどうかと思う

・Wi-fi対戦に対応していない。最初「マルチプレイ対応」という売り文句を見かけたとき、てっきりWi-fi対戦に対応していると思っていたが、ソフトを持っている人同士でのただの無線通信だった。

・クリア時のレベルは58。(結構ゆっくり進めた)
クリア後のダンジョンをクリアしたときのレベルは70
はっきり言ってレベル上げをわざわざする必要が無く、
基本的にボスは瞬殺できる。

・もう、やることがない。やりこみ要素的なものはほぼ皆無。あえてやれることはレベル上げとジェム集め。する必要が無い。

・ジェムの合成(FF7で言うマテリアを、合成するようなもの)にお金が掛かるのは余計だと思う。
いや、ゲームバランスを考えるとあっても仕方ないとは思うのだけど、魅力的なジェムがあまり無く、合成の気持ちよさがあまり無い。

・武器防具の装備レベルが設定されており、序盤で強い武器防具を手に入れても装備できない。(これはマルチプレイ時に強い武器防具を手に入れてしまったとき用の対処と思われるが)

・マルチプレイで、聖剣伝説DSを持っている人と近くで一緒にプレイできるが、ハッキリ言ってこのシステムも微妙だった。
せっかく一緒にプレイしてレアな武器などを手に入れても装備できない。上記で言ったとおり、武器防具にはレベル制限があるのだ。
一緒にストーリーを進めると、片方の人がまだあまり進んでない場合ネタバレしてしまう。
利点としては、片方のレベルが低い場合、レベルが高い方をメインにしてマルチプレイをすると、経験値稼ぎをしやすいといったくらいである。
それにしてもレベル上げをする必要の無いこのゲームにとっては意味の無い行為である。

ハッキリ言ってしまおう。クソゲーだった。

どこそこぞの人は、
「そこそこは面白かったんじゃないでしょうか。これが聖剣という名前じゃなかったらここまでは言われてなかったと思います」
と言っていたような気がしたが、

そもそも”聖剣伝説”という名前が付いていなかったら買わない。
ネームバリューで購入したゲームなのだから。

さらには上記二作品、明らかにボリュームが足りない。
両作品共に、普通にプレイしていれば20時間以内にクリアできてしまうのである。

しかもやりこみ要素はほぼ無い。

なんか、高い買い物をしてしまった気がする。
子供向けなはずなのに。


→次はポケモン不思議のダンジョンと、ロストマジックについての記事を書きます

・1年前の同じ日の記事を読む:

スポンサーサイト

・1年前の同じ日の記事を読む:

この記事のURL:http://kingler.jugem.jp/?eid=
- | スポンサードリンク | - | -
コメント
from: みらくる   2006/04/05 7:43 PM
コンタクト 攻略 でググったらここにたどり着きました よろしくお願いします

聖剣DSは「・・・」て感じでした・・。もうSFC時代のリメイクにしちゃった方が何倍も面白いと思いますよ〜・・
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kingler.jugem.jp/trackback/265
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"